メインイメージ

葬儀マナー

社会人にもなると、急な葬儀に出席する事が多くなります。 このように急な葬儀に対しても困らないように、社会人としてマナーについてしっ

葬儀費用

最近では、いわずと知れた不景気が続いています。 どの企業も不景気の影響で苦しい経営が続きますが、そのなかにあって高齢化の影響もあって成長産業だと

親しい親族だけで故人を弔う家族葬儀

突然の別れが遺された家族のストレスに

人生にとって、葬儀はとても重要な節目になります。 死期が近づいてくるのが緩やかであれば、家族は心の準備ができます。 しかし、突然別れを告げなければならない時もあります。 どちらにせよ、日常とはかけ離れた状態で葬儀に臨むことになります。

家族葬儀という新しいお葬式のスタイル

そこで、近年注目されている葬儀スタイルが家族葬です。
この葬儀スタイルは、故人の家族や特に親しかった友人のみで行う葬儀のことです。
これには高品質な家族葬儀から価格重視の直葬まで種類がいろいろあり、数々のメリットがあるので1つずつご紹介していきます。

予算について困ることがなくなります

まず、参列するのが家族や友人なので、もてなす側に負担がそれほどかからないです。
普通であれば、料理や宴会の手配などが必要ですが、その費用が必要最低限で済みます。
それに、葬儀会社に連絡する時も、予算の相談をしやすくなります。

弔問客の対応に追われることもなくなります

何より、故人を送りだす側に心の余裕が生まれます。
忙しい状況が続くと、そういった心境にはなれないのが実情です。
葬儀が終わったころには、倒れてしまうという事になりかねないです。
家族葬では、そういったリスクがほとんど無いので安心です。

連絡や挨拶回りはきちんと手配しましょう

ただし、こういった葬儀にも注意しておくことがあります。
この葬儀スタイルは、最近の物なので親族の中には反対する方が出てくる可能性があります。
自分への連絡をなぜしなかったのかと、指摘されないように、予め伝えておくという方法をとると良いです。
自分や家族や親族が納得して行うことに意義があります。
心穏やかに故人を送りだすためにも、周囲の理解を得るように心がけるとよいです。

Copyright© 2010 家族葬儀のモンテ堂 All Rights Reserved.